雑学

厄年の厄払いや厄除けの祈祷はいつ行けばいいのか?着ていく服装もチェック

新年も始まり気持ちも新たに新しい年を迎えますが、意外に忘れがちなのが”厄年”についてです。

いつ厄年なのか結構覚えてないという人も多いのではないでしょうか。



この記事では2022年に厄年の人を男女別にお伝えします。

また、厄払いや厄除けといった祈祷はいつ頃行けばいいのか?その時の服装はどうしたらいいのかといった疑問についてもお答えします。





厄年とは?


災難に遭うことが多いので、気をつけるべき年とされているのが厄年です。

陰陽道が起源だと言われています。



また、厄年の前後をそれぞれ前厄後厄とし3年間が気をつける年となります。


3年間とはなかなか長いね

マリ


この災難や厄を払うというものが厄払いと言われるもので、神社やお寺で厄払いをしてもらえます。

神社で行う場合を厄払い
お寺で行う場合を厄除け
と言っています。


【2022年】厄年の人


2022年の厄年に該当する人は何歳で何年生まれの人なのか、男女それぞれでお伝えします。

()内の年齢は数え年 → 生まれた時を1歳とする考え方

【男性】

前厄 本厄 後厄
1999年生まれ
(24歳)
1998年生まれ
(25歳)
1997年生まれ
(26歳)
1982年生まれ
(41歳)
1981年生まれ
(42歳)
1980年生まれ
(43歳)
1963年生まれ
(60歳)
1962年生まれ
(61歳)
1961年生まれ
(62歳)

【女性】

前厄 本厄 後厄
2005年生まれ
(18歳)
2004年生まれ
(19歳)
2003年生まれ
(20歳)
1991年生まれ
(32歳)
1990年生まれ
(33歳)
1989年生まれ
(34歳)
1987年生まれ
(36歳)
1986年生まれ
(37歳)
1985年生まれ
(38歳)
1963年生まれ
(60歳)
1962年生まれ
(61歳)
1961年生まれ
(62歳)


特に、男性42歳、女性33歳は大厄の年となるので、より一層注意したいですね。

地域や宗派によっては”満年齢”のところもあります。


いつ祈祷に行けばいいのか?


やはり年の初めに祈祷には行っておきたいですよね。


その年の始まりの1月1日から節分の時期くらいまでに行くのが一般的とされています。

初詣の時に厄払いや厄除けも一緒にしてもらうという人も多いようです。



今はほとんどの神社やお寺では1年中祈祷を受け付けていますが、行かれるときは祈祷をしてもらう神社やお寺の情報を調べてから行くことをお勧めします。



着ていく服装


結論から言うと、特にこれじゃなきゃダメ!という決まった服装はないです。

ただ、だらしのない恰好や華美な格好は神社やお寺には相応しくないのだそう。


厄払い、厄除けの祈祷に行くわけですから、厳粛な気持ちで受けるのが大事ですよね。

そう考えると自然と身なりもきちんとするのではないでしょうか。




また、冬は寒くてコートやジャケットといったアウターを着ていた場合は、室内で行われるのであれば脱ぐのが礼儀と考えられます。

そんな時はインナーに暖かいものを着ていくといいですね。

また、靴を脱いで入るところもあると思いますので、靴下に穴が開いていないかチェックも!


私が遠い昔にお寺で受けた厄除けでは、靴を脱いで床に座りましたよ。

マリ





神社やお寺によっては”平素な服装”など案内しているところもあるので、事前に確認するのがベストです。


まとめ


厄年は人生のうちに何回か訪れる注意しなくてはならない年です。

特に女性の30代は2回訪れます。前厄後厄も含めると6年間厄年なんですね。

変に恐れる必要はないですが、厄除け厄払いの祈祷をしっかり受けて安心した一年にしたいですね。

-雑学