オリンピック

2022北京オリンピックのメダルデザインは?テーマ「同心」の意味

2月4日から開催される2022年冬季北京オリンピック。開催まで1か月を切りました!

これからどんどんオリンピック開幕に向けてのニュースが増えていきますね。

今年は日本はどのくらいメダルが取れるでしょうか?



この記事では2022北京オリンピックのメダルのデザインや、そこに込められた意味を調べてみたのでご紹介します!



2022北京オリンピックメダルデザイン


2022北京オリンピック公式

メダル表面

2022北京オリンピックのメダルのデザインは、古代中国の翡翠(ヒスイ)の同心円ペンダントをベースにデザイン。
5つの同心円から構成され、中心にオリンピックのエンブレムが描かれています。

伝統的な翡翠のペンダントのように凹型になっていて、そこに施された彫刻のデザインは、すべて中国の伝統的な模様がベースなのだそう。

2022北京オリンピック公式



中央のエンブレムの円を囲むように英語で 「XXIV Olympic Winter Games Beijing 2022」 と刻まれ、その周りに氷や雪、雲の模様が描かれています。


2008年の夏季北京オリンピックのメダルで初めて翡翠が使われ、今回もそれを継承する形となっています。
夏季と冬季、両方のオリンピック開催は北京が史上初!


メダル裏面

 メダル裏面の中心には北京冬季オリンピックのエンブレム、その周りに北京冬季オリンピックの中国語「北京2022年第24届冬季奥林匹克運動会」という文字が刻まれ、一番外側の円には、競技と種目名が刻まれます。

2022北京オリンピック公式



また、古代の天文図をモチーフにした24の点といくつもの円が描かれ、宇宙と人、自然の調和を象徴
今回の第24回冬季オリンピックで、選手が美しく光る星のように輝いてほしいといった願いが込められているということです。


首にかけるリボン


メダルを首にかけるリボンは、伝統的な生糸織りの技術を使い、氷と雪の模様にオリンピックのエンブレムと 「Beijing2022」の文字 が印刷されています。


人民網日本語版



また、チャイニーズニューイヤーを連想させる朱赤が北京らしいですね。


メダルのテーマ「同心」とは?


今回の2022年北京オリンピックのメダルのテーマは「同心」

この意味は、中国語で”心を一つに団結する”という意味なのだそう。


メダルのデザインになっている5つの円は、人々を結び付けるオリンピック精神と冬季オリンピックのすばらしさを世界中で分かち合おうということを表しています。

北京オリンピックのメダルは、”みんなが心を一つにして未来に向かう”という「同心」のテーマに込められた想いがデザインに施されているんです!


メダルの大きさ


2022冬季北京オリンピックのメダルは2008年の夏季オリンピックのメダルより大きく作られています。


  2008年夏季 2020年冬季
直径 70ミリ 87ミリ


これは、冬季オリンピックの出場選手は厚着であるためにメダルが小さいと、目立ちにくくなってしまいます。
そこでデザインチームが試行錯誤ののち、メダルの直径を87ミリに設定したのだそうです。


細かいところまで考えて作られていて感動しますね!

マリ


まとめ

まもなく開催される2022北京オリンピック。

どんなドラマが生まれるのか、今からワクワクしますね。

日本選手の活躍も期待したいです!

表彰台に立った選手の首から下げられているメダルがどんなメダルなのか、この記事を参考にしてもらえると嬉しいです。


-オリンピック