オリンピック

北京五輪で引退?アイスホッケー久保英恵選手の家族や結婚について調べてみた!

2022年1月14日

間もなく開幕する北京冬季オリンピック。

女子アイスホッケーチームの代表選手、久保英恵選手がこのオリンピックを最後に引退すると言われています。

この北京オリンピック注目選手のひとりですね!

そんな久保選手の家族や結婚について調べてみました。

久保英恵選手 プロフィール


  • 生年月日

    1982年12月10日 39歳
    北海道・苫小牧市生まれ
  • 経歴

    4歳から競技を始めていて、なんと中学生で日本代表に召集されます。ポジションはFW

    そこから長い間活躍し、ゴール数44、アシスト数35と歴代最多数を誇ります。

    そんな久保選手の異名は『氷上のスナイパー』。



    2010年に一度引退しますが、日本チームをオリンピック出場に導くため現役復帰を果たします。

    その後日本チームは2014年のソチ大会で16年ぶりのオリンピック出場を決め、2022年北京オリンピックで3大会連続出場となります。


マリ

久保選手の活躍がオリンピック出場に大きく貢献してるんですね!



家族構成


久保選手の家族は、両親と2人の兄がいます。

この2人の兄の影響で久保選手はアイスホッケーを始めたと言われています。



また、父親である章一さんのエピソードがすごいんです!

久保選手が子供のころ、章一さんは近所の小学校の校庭にフェンスを立ててそこに水をまき、大人が使うものと同じサイズの特性リンクを作ったそうです。

頑丈な分厚い氷の層を作るために水をまいてから凍るのを待ち、凍ったらまたそこに水をまいてという作業を何度も繰り返して、真冬の氷点下の中リンクをつくったのです。

学校の水を使いすぎて、市役所から学校に水道料についての連絡が入ったこともあったのだそう(笑)

考えただけでも凍え死にしそうですが、章一さんの愛情の深さを感じます。

小さい頃のその手作りリンクでの練習が、今の久保選手の原点なのですね!

久保選手の努力はもちろんですが、こういったお父さんやご家族の愛情も久保選手の活躍に大きく影響してるんですね。

結婚はしてる?


久保選手、結婚しています!!

2020年6月に結婚されているようです。

お相手の方にすごく興味があるのですが!

残念ながら探すことができませんでした。




長い間これだけ活躍されている久保選手を心身ともに支える、きっと素敵な方なのではないでしょうか。

北京五輪で引退?



2022年北京オリンピックを最後に引退するのはないかと言われています。

久保選手は現在39歳北京オリンピック代表の若手選手とは一回り以上年が離れています。

すごい努力をされてるんだろうな。。。

マリ


2010年に一度引退をされている久保選手。

当時オリンピック出場に向けて頑張っていましたが、2002年ソルトレークシティー大会、06年トリノ大会は最終予選で敗退をし、バンクーバー大会は予選の代表から外されてしまい、その後2010年に引退しています。

しかし、その後日本チームのオリンピック出場を賭けて復帰

小学校4年生の時に「オリンピックに出ることが目標」と文集に書いたという久保選手。

オリンピックへの想いは特別なものがあるのだと思います。

「私の合言葉は〝サンキュー北京〟。全力を出し切り、楽しんでアイスホッケー人生を終わりたい」と言っているところから、

このオリンピックにかける想いが伝わってきます。


まとめ


4歳から始めたアイスホッケーですから、35年間です!

一つのことを続けるって難しいと思いますが、35年間しかも第一線でなんて、本当にすごいですね。




35年間のアイスホッケー人生が有終の美で終わるように祈りながら、北京オリンピックの女子アイスホッケーチーム、久保選手を応援したいですね!

-オリンピック